包茎手術は性感帯を避けて切除している

包茎手術は性感帯を避けて切除している

包茎手術を受ける場合、基本的には性感帯を切るわけにはいかないので、その部分をなるべく避けるような形で切除をしていきます。性感帯が切られてしまうと、その時点で性的な間隔を受けることができず、勃起させることもできない状態となるのです。当然性行為をしても全く感じないので、射精まで持っていくことができません。包茎手術では性感帯を傷つけないようにするため、どの部分にあるのかをある程度考えてから切断するようにしています。
基本的に亀頭の下部分に性感帯はあるとされており、この部分に傷が入らないように切除していきます。どうしてもその部分にかかる場合は、さらに下の部分を切るか、上の部分を更に切って手術を終わらせるようにします。絶対に性感帯を避けるようにすることを考えて行っているので、切る部分は割と限られているのです。間違って少しでも傷が入ると、それだけで手術失敗となるので、執刀する医師は間違いのないように努力しています。
こうして綺麗に手術が完了するだけでなく、しっかり感じられる状態を作り出して手術が完了します。多くの人が包茎手術での失敗を経験することは無く、終わった後も勃起させられる状態が残っています。切る部分によっては結構大がかりな手術になるケースもありますが、基本的に皮を切って終わるだけの場合が多くなるので、そこまで負担が大きくなることはありません。性感帯は絶対に残してくれるので、安心して手術に踏み切れます。